今年もバリ島へ行こうよ!

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
↑↑↑クリックしていただくと 一票 投票されて 私が喜びます^^
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
↑↑↑クリックしていただくと 一票 投票されて 私が喜びます^^ ブログパーツ
*Edit   

お知らせ

この一週間

  地震発生の日、私は地元(神奈川)で働いていました。
主人は都内。
息子は電車を2本乗り継いだ学校。
家族ばらばら。

今までに経験したことのない大きさの地震が 数回続き、
交通網は 完全停止。
市役所の津波注意報が 警報へと変わり「高台へ非難してください」とサイレンが 鳴り響きました。

携帯×
固定電話×
GPS×

職場のPCは固まり、メールも×
ラジオも無い・・・

タクシー×
バスターミナルに一台のバスもいない・・・

息子の所在がワカラナイ。
恐い。。。

主人にも 息子の同級生宅にも 連絡がとれない。
誰にも 相談できない。
何が起っているのかも 知るすべがなかった。


停電で 商店はシャッターを降ろし、
信号も×
自販機も×
真っ暗な道。
渋滞している 車のライトを 頼りに
走って、歩いて、走って、歩いて、

バスが見えた。
バス停まで走った。
満員で乗せてもらえなかった。

心が何度も折れそうになった。

21時過ぎ、やっと息子に会うことが出来た。
二人で帰宅したのは、23時30分。

帰宅した時には、電力が再開され、
初めて テレビで 状況を知ることが出来ました。


心も体も ヘトヘトでしたが、
テレビで被災地の状況を見たら、
こんなことで 心が折れそうになった 自分の弱さが
情けなく感じました。

主人も翌朝には帰宅しました。


今週は、計画停電が始まり、1日3時間の停電が行なわれています。
たった3時間です。
テレビでは「買いだめを控えるように」と連日言われています。
実際、神奈川に住んでいる我が家の近所でも
米、パン類、玉子、牛乳、野菜、肉、魚
カップ麺、トイレットペーパー、電池・・・
全くありません。

それでも暖はとれるし、家はある!
3時間の停電だけで、それ以外の21時間は
水も出る! お風呂にも入れる!
情報網もある!
食べ物だって、何とかなる!

母の 携帯用呼吸器だけは、GETしました。

何が出来るか、個人単位では 悩みますが
一人も いっぱい集まれば 大きな役に立てるかもしれません。

中には、停電にグチったり、
電車の乱れにイラっとしたり
事情は個々にあると思うけど、
それくらい いいじゃない!
私達は生きています。
私は、今日も明日も食べれます。

まだまだ 家族の安否が 分からない方が
多くいらっしゃいます。
地震のあった金曜日、、息子の安否がわからず
どんなに 心が痛んだか。焦ったか。誰にも 連絡相談できず 不安だったか。
それが、被災地の方は、まだあの日の精神状態が 続いていると思うと・・・

小さいと思うことでも みんなで協力すれば
大きな力になると 信じています。
「一人は みんなの為に」

今週 ずっと学校は 休校です。
小学生の息子にとっては、ただの休み感覚。
停電中に テレビ録画が 出来ていなかった事に
イラっとしている息子に、私は大激怒しました。

トイレの温水便座のスイッチを 切っても切っても
電源を入れるので イラっとしました。

私は自分に出来ることを実行し、
息子にも 理解させて 考えさせようと思います。

※バリ島ブログですが、しばらくお休みします。
 休止期間が長くなりそうでしたら、
 時々近況をご報告します。
我が家は 停電だろが スーパーが空だろうが、
断水になったって 被災地の方を思えば 全く大丈夫です。
どうぞ皆様も 余震にお気をつけください。
よかったら、コメント欄に 近況をお知らせください
関連記事



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
↑↑↑クリックしていただくと 一票 投票されて 私が喜びます^^
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
↑↑↑クリックしていただくと 一票 投票されて 私が喜びます^^ ブログパーツ
*Edit ▽TB[0]▽CO[6]   

~ Comment ~

これから。 

かるるさんの お話は映像で見るより その時の恐怖を感じました。
あの時 私はコタツに寝転んでTVを見ていました。
いきなりヘルメットをかぶったアナウンサーさんが目に飛び込んできました。
そのアナウンサーさん達も普通に座っていられないほどの揺れの中
放送は進んでいきました。
アナウンサーさんに出来る事は必死に避難を呼びかける事だけでした。
お台場の工事中のビルの屋上が火災になり電車が止まり
どんどん被害が進んでいきました。
これは現実なのだろうか?
映画の1シーンなのではないだろうか?
そうこうしている間に東北沖の海に泡の渦巻きが多数出来始め
漁船が一斉に沖に向かって進み始めました。
その船が何故か陸に押し戻されはじめました あれ...あれ...?
津波は静かに水量を増し始め何もかも飲み込んで行きました。
怖い。
もうどうにも出来ない。
忘れられない...。
でも 立ち上がらなきゃ!
これから皆が職に付き安息の場を持つには どうしたらいいのか。
考え行動し先に進む。
だから私は普通に生活し働いて雇用を設けられる自分になります。
旅行にも行き欲しい物を買い税金を払います。
日本の経済を支えるのは見ていた私達しかいないのです。
今出来る精一杯の事を頑張ろうと思います。

あの日 息子は就職試験で渋谷にいました。
携帯は繋がりませんがSMSだけは生きていました。
無事は確認でき安心しました。
後日 福岡に帰って来た息子が一言
「コンビニに何でもあったからおどろいた」でした。

その後について、 

ご家族、ご無事でなによりです。
忘れもしない、あの恐怖心。
即座に家族の安否を確認したいにも、携帯が繋がらない状況でしたから。
関東はまだ被害はなく、こうして普段の生活が出来てる事に感謝ですよね。
計画停電は、都内はまだないですが、夏は23区も殆ど入るみたいです。
被災地区の事を考えれば、何でも協力しますと、かるるさん同様同じ意見です。
放射能はちょっと怖いですけど。
ご主人は1週間お休みだったんですね、この状況ですから一緒に居れるって幸せですね。
私の仕事は早めに閉店したりせず、ずっと同じ時間帯で営業してますが、それもどうかと思います・・・(停電がないにしても)
都内は、照明が殆どないので、至るな所が暗いです。普段の電気使用量が物凄い事が分かります。

被災者の方々が1日も早く、穏やかな生活が出来る事を祈るばかりです。

NoTitle 

かるるさん、ご家族もお怪我がなくて何よりでした。

うちにも娘が二人いるので、地震後の息子さんと会えるまでの
くだりを読むと、かるるさんの不安なお気持が感じられ、
涙が出てしまいました。

私は関西なので、何の影響もなく暮らしていますが、災害が起きた
場合について、あらためて家族で話し合いました。

いろいろ不自由なことが続きますが、どうかお身体に気を付けて。
また、バリのお話ができるときを楽しみにしています。

さきぴ 

お久しぶりです。
地震後、ブログを拝見しても更新されておらずどうされてるのかと思ってましたが、
ご無事でよかったです。

こちらは大阪で、震度3ぐらいでしたが、めまいのような横揺れだけでした。
数時間後、埼玉にいる妹から「みんな無事やから」と、メールがきてから
初めてテレビを見て状況が分かった次第でした。

こちらでは、普段どおりの毎日を過ごしていますが、
被災地近くに妹家族が住んでて、
ガスが止まったり停電の地域に入ってたり色々大変な思い出生活してるのに、
私は何もしてあげられないというのがとてももどかしくて。

職場でも東北や関東の人は大変やなぁと他人事やと思ってる人が多くて、
私はとってもイライラしたりしてます。

こちらで節電・・・は関係ないと言われてますが、できることをやっていこうと思います。
ウチの娘たちも学校で募金をしてたので自分のお小遣いを持参してました。

余震もない不安のない日に戻れるよう願うばかりです。

NoTitle 

お久しぶりです。無事でなによりです。

今回の大災害。ニュース等で映像を見る度に心がしめつけられる
思いです。
普段とまったく変わらない毎日を送る私が暮らす同じ国で起きている
事とは思えないあまりにひどい災害。

今回の災害による停電も経験していない私が言うのもおかしいかも
しれませんがたかが3時間の停電に文句を言う人。
食料を買い占める人。
駅員に怒鳴りつける人。
テレビで見る度に腹立たしく恥ずかしく思えてなりません。
まったくかるるんと同感でたった3時間じゃん。
被災者の方たちに比べたら何てことないじゃん。
避難されてる方たちが寒さに耐えて暗闇で何日も過ごされてる
事を思ったらたった3時間どうって事ないよ。

当たり前のように暖かい布団で寝れる事に大きく感謝すると
同時に避難所で寒さで寝られない方の事を思うと涙があふれます。

この地震の影響で1週間休みになった主人。
それ以降もまだどうなるのかわからない状況で不安だけど
被災者の方に比べたら私たちには家があるし暖も取れるし
食事も取れる。

まずは、被災者の方々が1日も早く暖かい環境で食事もきちんと取れる
日が来る事を願います。

NoTitle 

かるるさん、ご家族もみな無事でよかったです。
こちらも主人ともども無事です。

地震、怖かったですね・・・。当時、妹と1歳の甥っ子が我が家に遊びにきていたのですが、中1の甥っ子は学校だったので連絡がとれず、妹がパニックになっていたので、不安っだったお気持ちわかります。ひとりで大変でしたね。

我が家はガスで発電するエネファームがあるので、自家発電分で電気を賄えるよう節電に努めてましたが、先ほど東京ガスから発電を止めるように連絡がありました。
たびたびの停電は想定外なので、機器が故障する恐れがあるそうで。肝心な時に使えない・・・。v-393

エアコンもヒーターもプラグを抜いて、夜は明かりを落としてキャンドルを灯してます。なんだかバリにいるようで、少し気持ちが落ち着きます。(不謹慎かもしれませんが・・・)

私にできることは、節電と募金くらいしかありませんが、少しでも足しになればと思ってます。
お互い節電がんばりましょうねv-410
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • Kuta Seaview Resort★朝食編
  • GWいかがお過ごしでしょうか~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。